• supplier governance

    AUTOSARセキュリティコンサルティングサービス

    AUTOSAR(AUTomotive Open System ARchitecture)はほとんどの車両プラットフォーム用の標準ミドルウェアで、自動車産業で広く認められ、受け入れられています。AUTOSAR ClassicとAUTOSAR Adaptiveはすでに、すぐれたさまざまなセキュリティモジュールを提供しています。しかし、こうしたセキュリティモジュールを正しく使用するために、さまざまな課題を突きつけられることがあります。ESCRYPTのAUTOSARセキュリティコンサルティングサービスは、AUTOSARが持つ可能性を全面的に活用することをサポートします。

接続された自動運転への道のりで、セキュリティ関連の車載機能の数がますます増大しています。このことは、車両プラットフォームの適切な場所に、これまで以上に精巧なセキュリティ対策と高水準のセキュリティを設置するのがますます重要になることを意味します。

AUTOSARの包括的な車両保護
AUTOSARはますます多くのコンポーネントによってセキュリティポートフォリオを拡張し、今ではさまざまなセキュリティアプリケーションを搭載して、拡大するセキュリティ要件への最適な技術的解決策となっています。ESCRYPTのAUTOSARセキュリティコンサルティングサービスは、既存のAUTOSARモジュールを使用して車両をセキュアにする専門知識を提供し、お客様が独自の機能をAUTOSARに組み込むことをサポートします。

 

UN-R 155を実現するAUTOSAR

AUTOSARはUN-R 155のような規則のための十分なソリューションを実現し、型式認定に関連する新たなセキュリティ要件を実装する道を開きます。このトピックの詳細については、当社のホワイトペーパおよびウェビナーをご覧ください。

当社の専門知識
AUTOSARセキュリティコンサルティングに関して、当社はさまざまなOEMおよびティア1メーカーと共に多数のプロジェクトを成功させてきました。ESCRYPTの親会社ETASは、長年、AUTOSARコンソーシアムのメンバーでした。

 

利用できるAUTOSARセキュリティ構築ブロック

AUTOSARは、車載通信のセキュア化、機密データの保護などのためのさまざまなセキュリティアプリケーションを統合しています。しかし、アーキテクチャが異なるため、AUTOSAR ClassicとAUTOSAR Adaptiveは部分的に同一で、部分的に異なるセキュリティアプリケーションを提供します。

  • 暗号プリミティブと鍵管理へのアクセスのための暗号化スタック
  • TLS、IPSec、およびSecOCを使用したセキュアな通信
  • UDSサービス0x27(セキュアアクセス)および0x29(認証)を使用したセキュアな診断アクセス
  • 認識&アクセス管理を使用した重要なリソースへのアクセス保護
  • IdsMを使用してセキュリティイベントの検出とレポート
  • 個々のアプリケーションまたはプラットフォーム全体のセキュアな更新
  • 信頼できるプラットフォーム内で信頼チェーンを継続する認証ソフトウェア
manage your supplier chain
言語:
ISO 9001:2015 Home