• Connected Industry

    コネクテッドインダストリー

    完全自動化生産、定期的なデータ通信、インテリジェントロジスティクス
    ― インダストリー4.0は自動車メーカーに大きなチャンスを提供します。ただし、インダストリー4.0が多くの利点をもたらす一方、サイバー攻撃によるリスクも高まります。

セキュリティのニーズ

自動車製造工程のデジタル化が進み、機器から機器へ、機器からクラウドへの通信が増大しています。こういったデジタル化の拡大はITインフラストラクチャーやソフトウェアシステムにまで影響を及ぼし、より広い範囲でのサイバー攻撃や新たな脅威を生み出します。

たとえば、ECU製造工程においてハッカーが車両データや暗号化キーにアクセスするだけではなく、関連するバックエンドシステムやモビリティサービスにまで被害が拡大することが考えられます。

このようなサイバー攻撃を防ぐには、デジタル資産を偽造、盗難、改ざんから保護し、関連するビジネスモデル全体の安全を確保する必要があります。

 

connected industry

 

コネクテッドインダストリーの安全を確保するには

車載セキュリティは、製造過程の初期の段階から(コネクテッドマニュファクチャリングプロセス全体で)織り込まれている必要があります。

これには、製造設備と工程自体を不正なアクセスから保護する必要があります。たとえばECUの製造において、自動車メーカーが提供する鍵マテリアルを、必要に応じて複数の生産拠点に分散する必要があります。製造過程では、鍵マテリアルはプロダクションキーサーバー上に保存され、ECUに実装されます。この技術により、車両に取り付けられたECUがデータを安全に通信することが可能になります。

安全なM2M通信のためのESCRYPTのソリューション

ESCRYPTのソリューションは、安全な通信を可能にする完全自動プロセスを提供します。このソリューションは、アイデンティティ管理と安全な通信のための組み込みシステムと対応するデバイスソフトウェアに合わせた、実証済みの暗号鍵管理に基づいています。

Language:
ISO 9001:2015 Home