Incident Response Service

インシデント対応サービス:サイバー攻撃に対する迅速な支援

ESCRYPTでは、増加し続けるサイバーセキュリティの脅威に対処するため、DACH地域(※ドイツ、オーストリア、スイスのドイツ語圏を指す)向けにインシデント対応サービスを提供しています。ITシステムに対する攻撃が発生した場合は、インシデント対応チームが脅威を回避し、損害を抑えるよう企業や団体のお客様を支援いたします。

企業、公共機関、および重要インフラに対するサイバー攻撃の件数は、絶えず増加しています。それと同時に、そのような攻撃で使用される手法はますます巧妙化しています。マルウェア、ランサムウェア攻撃、およびデータスパイ活動は大きな経済的損害を引き起こし、事業の中断、風評被害、更には存続に関わる脅威にまでつながる場合が多くあります。

そのため、ESCRYPTではサービスとしてのインシデント対応(IraaS:Incident Response as a Service)をご提案しています。当社の対応チームは、既に発生した攻撃により生じた影響を迅速に軽減し、また、将来に備えて影響を受けた企業や団体におけるITの回復機能をより高めることを目標としています。

損害の抑制と防止

ESCRYPTのIRaaSチームは、攻撃があった場合に即時に緊急措置を講じ、ITセキュリティインシデントを突き止めたうえで、脅威を排除します。また、ESCRYPTのセキュリティ専門スタッフが、インシデント対応のための戦略的アドバイスや準備状況の確認、ワークショップ、およびスタッフトレーニングといった支援を通じて、お客様が将来の攻撃を効果的に防止できるようにします。

ESCRYPTのIRaaSサービス責任者であるSven Püschelは、「サイバー攻撃者がシステムに侵入しても、その多くは迅速で計画的な対応によって防止できます」とし、「ただし、そのような状況から学び、自社のITインフラで将来の攻撃に対する準備を徹底することも、攻撃の防止とまったく同じくらい重要です」と述べています。

ESCRYPTのインシデント対応サービスの詳細については、こちらでご確認いただけます。

SHARE THIS

言語:
ISO 9001:2015 Home