CycurIDS-ETH

CycurIDS-ETH:EthernetベースのE/Eアーキテクチャ向けの侵入検知システム

継続的かつ効果的なリスク管理を行うには、侵入検知システム(IDS)を使用した車載攻撃検知が必要です。E/Eアーキテクチャでは、アーキテクチャの進化が同時に起こっています。自動車メーカーは、EthernetベースのE/Eアーキテクチャを採用したコネクテッドカーや自動運転車両に求められる高度な要件に対応しつつあります。

ESCRYPTが現在提供しているCycurIDS-ETHは、車両のEthernetベースのデータトラフィックをモニタして潜在的なサイバー攻撃を監視することが可能なIDSソリューションです。CycurIDS-ETHセンサーを使用すると、ヒューリスティックかつ署名ベースの検出手法をECUに実装し、既知の異常をローカルに記録するか、または車両セキュリティオペレーションセンター(VSOC)に転送することができます。CycurIDS-ETHは、イーサネットスイッチ、マイクロコントローラ、またはマイクロプロセッサ上で完全に実行することができる使いやすいソフトウェアソリューションです。

CycurIDS-ETHの構成は、各メーカーのネットワーク記述ファイル(車載イーサネットネットワーク用のARXMLなど)に基づいています。また、自動ルール生成機能を搭載した独自のコンフィグレーションGUIにより、センサー設定を微調整することができます。これらのすべての機能を備えたCycurIDS-ETHを活用すれば、仕様ベースおよび異常ベースの侵入検知のいずれもサポートしているため、(特定のコントロールユニットに対するシャットダウンの試みといった)車両の操作中の悪意のある診断クエリーを識別することが可能です。

詳細については、ESCRYPTウェビナーIntrusion detection for Ethernet-based E/E architectures(EthernetベースのE/Eアーキテクチャ向けの侵入検知)”を参照してください。

SHARE THIS

言語:
ISO 9001:2015 Home