Webinar Recordings

オンラインセミナーを視聴しませんか – AUTOSARセキュリティ、SUMS、V2Xブートストラッピングなど、豊富な内容をお届けします

2021年上半期に行われたESCRYPTの車載サイバーセキュリティに関するオンラインセミナーはすべて、動画としていつでもオンラインでご視聴いただけます。下のリンクをクリックしてご登録いただくだけで、どのような最新のトピックもご覧いただけます。


SUMSが自動車メーカーとサプライヤーに及ぼす影響

Soon, a certified software update management system (SUMS) will be a prerequisite for type approval of new vehicles. Learn how to prepare for UN R156 and ISO 24089 and organize the delivery of OTA updates according to requirements. –approx. 45 min

認定ソフトウェアアップデート管理システム(SUMS: Software Update Management System)は間もなく、新車両の型式認証の必須条件になります。UN R156およびISO 24089に対する準備と、要件に準拠したOTAアップデートの配信方法をご確認ください。視聴時間:約45分

録画セミナー:「SUMSが自動車メーカーとサプライヤーに及ぼす影響


UNECE準拠のサイバーセキュリティをAUTOSARで実現

新たなUNECE規制では、サイバー攻撃から車両を適切に保護することが義務付けられます。本オンラインセミナーでは、AUTOSARの既存のセキュリティ機能を利用して、UNECE準拠の車載サイバーセキュリティをどこまで実現できるかをご紹介します。視聴時間:約50

録画セミナー:「UNECE準拠のサイバーセキュリティをAUTOSARで実現


エンドエンティティV2Xデバイスのブートストラップ方法

どのようにすれば、サイバーセキュリティ要件や国際規格への適合性を損なわずに、V2Xのエンティティ登録や加入をコスト効率良く実現できるのでしょうか。本オンラインセミナーではその回答を示すと共に、V2X車載装置および路側機のセキュアかつ効率的なブートストラップ方法についてご説明します。視聴時間:約45

録画セミナー:「エンドエンティティV2Xデバイスのブートストラップ方法


PROOFによるサイバーセキュリティのサプライヤー管理

UN R155などの規制では、サイバーセキュリティ管理システム(CSMS)を用いて契約サプライヤーとサービスプロバイダの依存関係を考慮するよう義務付けています。ESCRYPTKPMG社、およびAlyne社では、PROOF(Product Security Organization Framework:製品セキュリティの体系的枠組み)手法を用いてサイバーセキュリティを提供するサプライヤーを効果的に管理する方法をご紹介します。視聴時間:約45分

録画セミナー:「PROOFにより、サイバーセキュリティのサプライヤーを管理


EthernetベースのE/Eアーキテクチャ向けの侵入検知システム

高度に接続された自動運転車両を実現するには、車載Ethernetベースの新しいE/Eアーキテクチャが必要です。そのようなEthernetベースのE/Eアーキテクチャでの要件の増大を考慮しつつ、電気システム通信への攻撃を効果的に検知および監視する方法について、詳しくご説明します。視聴時間:約45分

録画セミナー:「EthernetベースのE/Eアーキテクチャ向けの侵入検知システム


自動車分野の耐量子計算機暗号.

セキュリティ専門家のEfstathia Katsigianni博士が、耐量子計算機暗号開発の現状をまとめ、量子コンピュータの開発が車両システムのITセキュリティに与える影響について説明します。視聴時間:約45分

録画セミナー:「自動車分野の耐量子計算機暗号

SHARE THIS

言語:
ISO 9001:2015 Home