PROOF in Alyne

車載サイバーセキュリティ向けの管理システムをソフトウェアでサポート

UN R155やISO/SAE 21434などの新しい規制や規格は、自動車業界に規制に準拠したサイバーセキュリティ管理手法を導入することを義務付けています。車載セキュリティのスペシャリストであるESCRYPTでは現在、Alyneツールの一部としてPROOF完成度モデルを提供しています。このソフトウェアを使用すると、自動車メーカーやサプライヤーは、独自のセキュリティ体制をさらに開発したり、委託業者を評価したりできるようになります。

UN R155やUN R156などの新しい規制やISO/SAE 21434規格、さらにドイツ自動車工業会(VDA)が発行する「レッド・エディション」では、自動車メーカーやサプライヤーにサプライチェーン全体のリスク管理も行えるサイバーセキュリティ管理システムを導入することを求めています。このため、ESCRYPTは、車載セキュリティと関連するすべてのプロセスおよび組織的要件を体系的に測定し最適化することが可能な完成度モデルである製品セキュリティ組織フレームワーク(PROOF)を開発しました。

PROOFでは、国際的なものや地域的なものを含むさまざまな車載セキュリティ規制や規格を1つのフレームワークに統合しています。これを使用すると、完成度モデルに基づいて自社の組織やサプライヤーに関するリスク評価を総合的かつ透明性の高い形で実施できるようになります。ESCRYPTでは、完成度モデルをAlyneガバナンスソフトウェアに統合して提供することにより、お客様がリスク管理をデジタル化し、完成度の診断と評価を自動的に行えるようにしました。AlyneのPROOFを使用すると、セキュリティの完成度を各種要件と比較することにより、あらゆる弱点を特定し可視化することができるため、デジタル管理ツールとして活用すれば、対象となる車載セキュリティをサプライチェーン全体を通じて管理することが可能です。

SHARE THIS

言語:
ISO 9001:2015 Home