• Forschungsprojekte

    研究

ESCRYPTは世界中の多くの研究活動に関係しています。ここで、ESCRYPTが取り組んだ全ての研究プロジェクトのリストをご覧いただくことができます。

C-ROADS
C-ROADS

C-Roadsプラットフォームの目的は、EU-C-ITSプラットフォームの推奨事項を考慮に入れ、全てのC-ITSの展開をリンクさせ、集中的なクロス試験を計画しながら、調和の取れた仕様を策定していくことです。C-Roadsプラットフォームは、今日、国境を越えたC-ITSサービスを現実のものにしつつあり、コネクテッドされた自動運転車両の基礎を築きつつあります。

期間 2016/02 – 2020/12

ウェブサイトへ

IUNO
IUNO

「インダストリー4.0におけるITセキュリティのためのドイツリファレンスプロジェクト」の目標は、ネットワーク化された産業機器をサイバー攻撃とスパイ行為から効果的に守ることです。これは、とくにアプリケーション分野とデモンストレーターによって行われます。セキュアなネットワーク化と同時に、セキュアなプロセス、セキュアなデータ、セキュアなサービスを実現できるような方法の開発が目指されています。

期間 2015/07 – 2018/09

プロジェクトのウェブサイト

SAFURE
SAFURE

SAFUREプロジェクトは、「構築によって」安全性とセキュリティを確保する方法論を実践することで、サイバーフィジカルシステムを設計することを目標としています。この方法論を可能にするために、システム能力を拡張することで、システム挙動に対するセキュリティ脅威の同時作用を制御できるようにするフレームワークが開発されています。

期間 2015/02 – 2018/05

プロジェクトのウェブサイト

ParSec
ParSec

ParSecプロジェクトは、研究を通じて、全ての通信要件において現代の工場オートメーションをサポートする、フレキシブルで信頼性が高い、セキュアな無線通信システムを実現します。

期間 2015/05 – 2018/04

プロジェクトのウェブサイト

Fast-Realtime
Fast-Realtime

待機時間の特定、分析、最適化、および配置されたセンサー/アクチュエーターシステムにおけるリアルタイムの重要装置、コンポーネント、パス。

期間 2015/02 – 2018/01

プロジェクトのウェブサイト

SFC (Securing the Financial Cloud)
SFC (Securing the Financial Cloud)

「金融クラウドの保護(SFC)」プロジェクトでは、銀行、ATM、金融サービス用の送金端末のネットワーク化のために、クラウドプラットフォームが開発されています。このために、ハードウェアとソフトウェアのセキュリティの手法がクラウドコンピューティングのアプローチと組み合わされています。

期間 2014/03 – 2017/02

プロジェクトのウェブサイト

UNIKOPS
UNIKOPS

UNIKOPSの総合目標は、組み込みデバイスおよびシステム用の一般的に設定可能なセーフティーソリューションを開発することです。これは、SCADA、スマートメーター、モノのインターネット化(IoT)、自立生活支援(AAL)などの多様な用途に対応します。同時に、開発中のセキュリティソリューションは、エネルギー効率の要件や保管要件も満たすことが目指されています。

期間 2013/03 – 2016/02

プロジェクトのウェブサイト

KEM3S
KEM3S

KEM3Sプロジェクトの目的は、ネットワークと機械の保護対策を開発すること、およびネットワークと機械を1つのエンジニアリング手法に融合して構築プロセスをサポートすることです。

期間 2013/09 – 2015/08

PROPHYLAXE
PROPHYLAXE

Prophylaxeとは、「モノのインターネット化のための物理層セキュリティの提供」の略で、ドイツ連邦教育研究省(BMBF)の支援を受け、物理層セキュリティを使用して新しいIoT向けアプリケーションを発展させるBMBFの「ITセキュリティ研究」プログラムの一環として行われている戦略的研究プロジェクトです。

期間 2013/03 – 2015/08

プロジェクトのウェブサイト

PRESERVE
PRESERVE

PRESERVE(セキュアなV2X通信システム準備)の目標は、V2Xシステム向けのセキュリティおよびプライバシーサブシステムを提供・実地試験することで、セキュアでプライバシー保護されたV2X通信の現実に近づけることです。PRESERVEは、先行する複数の研究プロジェクトの成果を融合・延長し、統合・発展させます。そして、拡張性を高め、コストレベルを低減し、オープン展開の課題に取り組むことで、事前展開段階まで持っていきます。

期間 2011/01 – 2014/12

プロジェクトのウェブサイト

SecMobil
SecMobil

SecMobilは、車両、充電ステーション、インフラで使用できるセキュリティコンポーネントを設計することで、この乱用の可能性に対処します。孤立したソリューションが作られるのを防ぐため、要件段階で他のプロジェクトも含められる予定です。こうして生まれるセキュリティコンポーネントは、幅広いアプリケーションで使用可能になり、またSecMobileは作成されたソリューションの採用にあたって関係プロジェクトをサポートすることもできるようになります。

期間 2012/01 – 2014/08

プロジェクトのウェブサイト

SKIMS
SKIMS

このプロジェクトでは、見かけの脅威と既存の脅威を独立して評価する、クロスレイヤセキュリティシステムの開発に焦点を当てています。これに基づき、ユーザーに適切な保護メカニズムを提案、もしくは自動的に保護メカニズムを作動させます。後者は、組み込み型モバイルシステムにとっては特に重要となります。

期間 2010/09 – 2013/07

プロジェクトのウェブサイト

SCAAS
SCAAS

SCAASでは、自動車産業におけるセキュリティアプリケーションのために、自動車機器サプライヤーと研究施設が協力し、サイドチャネル解析に取り組んでいます。近い将来、自動車セクターにおいて、機動的で組織化された攻撃者がサイドチャネル攻撃を用いることが予想されており、これはメーカー、サプライヤー、消費者にとって深刻な脅威となります。自動車セクターでは生産サイクルが長いため、早期の投資が重要となります。

期間 2011/01 – 2013/04

プロジェクトのウェブサイト

RESIST
RESIST

このプロジェクトは、ITシステムのサイドチャネル解析のための先進手法と技術の研究開発に焦点を当てています。RESISTプロジェクトは、確定された攻撃の進展を調査し、潜在的リスクの着実な評価を可能にする数学理論の構築を目指しています。

期間 2010/06 – 2012/06

プロジェクトのウェブサイト

oversee
OVERSEE

OVERSEEプロジェクトでは、オープンで標準化された車内ソフトウェアおよび通信プラットフォームを開発します。このプラットフォームにより、(ほとんど)誰もが車両アプリケーションを開発し、これらのアプリケーションを全ての装備車に提供することが可能になります(ちょうどAppleのApp Storeと同じように)。OVERSEEプラットフォームでは、とくに、こうしたアプリケーションが互いに害を与えないよう、また他の一切の車内ITシステムに害を与えないようになっています。

期間 2010/01 – 2012/06

プロジェクトのウェブサイト

HIKOS
HIKOS

外部ハードウェアデバイス(いわゆる「ドングル」)を使用してソフトウェアの効果的なコピー保護を強化する試みには、長い歴史があります。ドングルは、特定のユーザーグループのために作られた、よく使われる高価なソフトウェアです。HIKOSとは、「インテリジェントなソフトウェアコピーガードのための高度なセキュリティ」の略です。このプロジェクトは、新しいハードウェアプラットフォームを作り、最先端のセキュリティレベルを超え、既存のソフトウェアプロジェクトを自動的に解析・準備するためのツールを提供することを目的としていました。

期間 2010/05 – 2012/04

EVITA
EVITA

セキュアで信頼できる車載システムは、車両間または車両/インフラ間での信頼できる通信の基礎となります。そのため、セキュリティ関連コンポーネントを改ざんから守り、機密データを漏洩から守るような、車載ネットワーク向けのアーキテクチャーを設計、検証、試作することがEVITAプロジェクトの目的となっています。

 

期間 2008/07 – 2011/12

プロジェクトのウェブサイト

mobilauthent
MobilAuthent

偽造から守るため、MobilAuthentプロジェクトは、製品が本物であることを簡単かつ効果的に確認しやすくするRFIDベースのサービスからなるソリューションを提供します。エンドユーザーは、セキュアかつ明快に、本物と偽物(レプリカ、模造品、偽造品)を区別することができます。

期間 2008/07 – 2011/12

プロジェクトのウェブサイト

The EMSCB Project
The EMSCB Project

欧州多国間セキュアコンピューティングベース(EMSCB)は、従来のプラットフォームのセキュリティ上の多くの問題点を解決するオープンスタンダードを用い、信頼できるコンピューティングプラットフォームを開発することを目指しています。

期間 2005/05 – 2008/01

プロジェクトのウェブサイト

Language:
ISO 9001:2015 Home