CycurIDS-ETH:EthernetベースのE/Eアーキテクチャ向けの侵入検知システム

CycurIDS-ETH

継続的かつ効果的なリスク管理を行うには、侵入検知システム(IDS)を使用した車載攻撃検知が必要です。E/Eアーキテクチャでは、アーキテクチャの進化が同時に起こっています。自動車メーカーは、EthernetベースのE/Eアーキテクチャを採用したコネクテッドカーや自動運転車両に求められる高度な要件に対応しつつあります。

車載サイバーセキュリティ向けの管理システムをソフトウェアでサポート

PROOF in Alyne

UN R155やISO/SAE 21434などの新しい規制や規格は、自動車業界に規制に準拠したサイバーセキュリティ管理手法を導入することを義務付けています。車載セキュリティのスペシャリストであるESCRYPTでは現在、Alyneツールの一部としてPROOF完成度モデルを提供しています。このソフトウェアを使用すると、自動車メーカーやサプライヤーは、独自のセキュリティ体制をさらに開発したり、委託業者を評価したりできるようになります。

セキュリティ監視:フリートの監視

Securiyt Monitoring

サイバー攻撃に対する保護レベルを開発中にいかに高く構築できたとしても、車両のライフサイクル期間に保護レベルが低下するのを避けることはできません。そのため、将来的に車両や車両フリートには、既知のリスクや攻撃ベクターを管理しつつ、新しいリスクも特定、軽減できるアクティブな現在進行型のセキュリティ手法が必要になります。特に、UN規則R155が施行されると、車両ライフサイクル全体を通じて適切なリスク管理を提供していることを証明しなければ、型式認定を得られなくなります。

耐量子計算機暗号:ホワイトペーパー、コンサルティング、録画版オンラインセミナー

Post-quantum cryptography

近年、量子コンピューティングが大きな進歩を遂げており、今日の公開鍵暗号方式を解読できる最初の量子コンピューターは10年以内に登場する可能性があります。自動車メーカーやサプライヤーは、ライフサイクルの長い製品を公開鍵暗号方式で保護しているため、セキュアな代替手段をすぐに探し始めなければなりません。

AUTOSARによるセキュリティライフサイクル管理

security lifecycle management

モビリティのデジタル変革が進む中、コネクテッドカー向けのサイバーセキュリティは最も重要な要素となっています。このことは、特に2つの事象の進展によって明確になりつつあります。その2つとは、自動車サイバーセキュリティとソフトウェアアップデートに関する拘束力のある国連規制、もう1つはAUTOSARの新たなセキュリティ仕様です。

を購読
言語:
ISO 9001:2015