自動車サイバーセキュリティに関するUNECE規則の採択

UNECE flag

6月24日、UNECE World Forum for Harmonization of Vehicle Regulations(国連欧州経済委員会、自動車基準調和世界フォーラム)は、待ち望まれていたコネクテッドカーのサイバーセキュリティとソフトウェアアップデートに関する新しいUN規則を採択しました。ドイツとEUを含む54の加盟国に加え、韓国や日本も採択します。このUNECE規則は2021年1月から施行され、EUでは2022年夏に拘束力を持つことになります。

UNガイドラインは、自動車メーカーに対して、自動車のITセキュリティとソフトウェアアップデートのパフォーマンスと監査要件を明確に定義しています。これらのガイドラインは、この分野で初めて整合化された拘束力のある国際基準となっています。UNECE規則においては、次の4つの領域で具体的な対策をとる必要があります。

AUTOSAR security: Achieving integrated cybersecurity with the Adaptive Platform

AUTOSAR Security

AUTOSAR Classic, the standard middleware for most vehicle platforms, still meets the usual requirements. But in the future, vehicle computers will shape the E/E architectures as central applications and the vehicle will become a software-dominated system. This is why AUTOSAR Adaptive will successively replace AUTOSAR Classic as the new future-oriented set of rules – setting new standards for automotive security in the process.

New HSM software secures future electrical system architectures

hardware security module

Vehicle computers are about to merge vehicle domains and their software-controlled functions. The ECUs in the periphery are increasingly becoming input/output devices whose actual application takes place at the computer level. The advantages for OEMs are far-reaching: IP is shifted to the central computers. The complexity of E/E architectures is reduced, as is the engineering effort.

を購読
言語:
ISO 9001:2015