•  

    CycurGATE

    高性能な車載イーサネット/IPファイアウォール&ルーター
    CycurGATE

車載イーサネットの採用事例が増えつつあり、イーサネットベースのE/Eアーキテクチャーには特にパワフルなセキュリティ機能が求められるようになりました。そのため、車載ファイアウォールは今後、電気システム間の通信を監視・制御するために重要な役割を担うことになります。

ESCRYPTの自動ファイアウォールCycurGATEは、DoS攻撃などから保護し、ドメイン構成全体で許可されているイーサネット通信をサポートすることができます。

 

パーフェクトなバランスのハードウェア/ソフトウェア協調設計

自動ファイアウォール「CycurGATE」は、イーサネットスイッチに直接組み込まれており、パケットフロー全体を一元的に監視・管理し、ホストコントローラーや個々のECUに干渉することはありません。「CycurGATE」はライブラリ、またはスタンドアローンソリューションとして使用することができます。

「CycurGATE」はバランスのとれたハードウェア/ソフトウェア協調設計を採用しており、スイッチでハードウェアアクセラレーションの多くを処理できます。スイッチのハードウェアとソフトウェアがアルゴリズムで融合することにより、ファイアウォールはデータパケットの大部分をワイヤースピードで処理することができます。

スイッチでセキュリティを確保

  • さまざまな形で使用可能 「CycurGATE」を一元的、または分散的なセキュリティ機能として使用可能(一元的ファイアウォール vs. 分散ファイアウォール)
  • 幅広くカバーあらゆるレベルのイーサネットやIPスタック(パケットフィルター、SPI(ステートフルパケットインスペクション)、DPI(ディープパケットインスペクション)など)のドメイン構造をサポート
  • 多様な構成が可能:ホワイトリストとブラックリストを含む通信ポリシーをカスタマイズ可能
  • 将来にも対応伝送規格やE/Eアーキテクチャーの今後の開発にも対応可能
  • パワフル最適化されたハードウェア/ソフトウェア協働設計により、データパケットをパワフルに処理可能
  • 高い費用対効果「CycurGATE」はスイッチで動作するため、さまざまなECUに組み込みやすく、設定も容易
製品カタログ(PDF)をダウンロード
 

車両のライフサイクル全体にわたるセキュリティ戦略

侵入検知と侵入防御を一体化

侵入検知/侵入防御機能には、効果が持続する包括的なセキュリティメカニズムが必要になります。侵入検知システム「CycurIDS」は、ネットワークトラフィックを監視し、異常や典型的な攻撃シグネチャを検知して記録します。このほかに、ESCRYPTはサイバー防御センターバックエンドの「CycurGUARD」を提供しています。このシステムは、IDSコンポーネントからの情報の評価、最近の攻撃トレンドの検知、セキュリティインシデントの原因特定のサポート、フリート車両全体に分配する対策措置の定義を行うことができます。

Language:
ISO 9001:2015 Home