•  

    CycurV2X

    CycurV2X – 車両と路端のインフラストラクチャー間のセキュアなV2X通信用のSDK
    CycurV2X

車車間(V2V)および路車間(V2I)のセキュアな通信(総称して「V2X」と言います)は、車両と路端のインフラストラクチャーの安全性と双方向機能を大幅に向上することのできる技術として注目度が高まっています。

V2Xの基礎となるインフラは、専用狭域通信(DSRC)を用いて、車両と路側装置の間でセキュアな、信頼性の高い、双方向の認証メッセージを交換します。

ESCRYPTはセキュアなV2X通信の実現化において世界をリードしています。ESCRYPTは複数の国際的なV2Xパイロットプロジェクトにセキュリティ技術の専門家として参加し、V2Xを支えるセキュリティインフラストラクチャである、セキュリティ証明書管理システム(SCMS)の仕様の定義に取り組んでいます。

CycurV2Xは、セキュアなV2X通信に必要なセキュリティサービスを実装するための組み込みソフトウェア開発キット(SDK)です。

Sichere Kommunikation zwischen Fahrzeugen

セキュアなV2X通信用のSDK

車両メーカー、サプライヤ、路端のインフラメーカーは、CycurV2Xを使用することで堅牢でセキュリティ標準規格に準拠し、統合、展開、管理が容易なV2Xセキュリティソリューションをすばやく構築し、製品化することができます。CycurV2Xにより、各種標準規格に準拠し、北米およびヨーロッパのインターフェースをカプセル化した、完全な組み込みV2Xセキュリティソリューションを実現します。将来的なバックエンドプロトコルの更新の際も、シンプルなAPIを使用することで迅速かつ効率的なV2Xホストアプリケーションの統合および切り離しが可能です。

セキュアなV2X通信の実装に必要なセキュリティサービスのトータルなソリューション

  • 標準規格に準拠北米およびヨーロッパのセキュリティ標準規格に準拠したSCMS実装を提供
  • 容易な統合、展開、管理すべてのPKIバックエンドとSCMSトランザクションをカプセル化しているため、ホストV2Xアプリケーションは細部を処理する必要なし
  • 迅速な市場投入シンプルなAPIが、ホストV2Xアプリケーションへの素早い統合を実現
  • 柔軟性SCMSの継続的な、あるいは将来的な変更から、ホストアプリケーションを効果的に分離
  • 展開リスクの低減すべてのV2Xセキュリティプロトコルと、すぐに使える登録プロセスおよびDCM(デバイス設定マネージャー)を含む証明書管理機能をフル実装
  • 堅牢性組み込みセキュリティ設計分野におけるESCRYPTの広範囲な専門知識を活用
 

V2X向けのセキュリティ証明書管理システム

CycurV2X-SCMS

CycurV2Xは、セキュアなV2X通信に必要なセキュリティサービスを実装するための組み込みソフトウェア開発キット(SDK)です。

Language:
ISO 9001:2015 Home