• TAR_Header

    車両型式認証の準備アセスメント

    近い将来、車両の型式認証を受けるには、認証されたサイバーセキュリティ管理システムが実装されていることが必須になります。ESCRYPTは、車両型式認証の準備アセスメントを実施することにより、自動車メーカーやサプライヤーが新しいサイバーセキュリティ要件を理解し、実装できるよう支援しています。

新しいサイバーセキュリティ要件に対応する準備はできていますか?

近々実施されるUN規則では、車両型式に対して十分なセキュリティが要求されます。2024年以降、車両型式は認証されたサイバーセキュリティ管理システム(CSMS)に従って開発されていることが求められます。このため、WP.29の将来のアーキテクチャと従来のアーキテクチャの技術的なセキュリティギャップ分析が必要になります。

ESCRYPTの技術的な車両型式認証の準備アセスメントは、技術的なロードマップ、予算の見積もり、ビジネス上の意思決定のための適切な基盤を提供します。

車両型式認証の準備アセスメントは、ESCRYPTの製品セキュリティの体系的枠組みであるPROOFの構成要素です。PROOFは、最初の準備チェックからCSMSのコミッショニングおよび運用まで、自動車メーカーやサプライヤーを導く実績のあるアプローチです。

新しいサイバーセキュリティ要件をプロセスに実装するには時間がかかります。今後の製品で型式認証を確実に受けられるように、今すぐ開始してください。

Language:
ISO 9001:2015 Home