• 車両の侵入検知と防御

    車両の侵入検知と防御

    コネクテッドビークルをサイバー攻撃から確実に保護できるのは、統合型のセキュリティソリューションだけです。こうしたソリューションでは、車両のライフサイクル全体で起こりうるあらゆるリスクシナリオを考慮に入れる必要があります。これにより、信頼性の高い、リスクに見合ったセキュリティメカニズムを開発し、効果的に取り入れることができます。

脅威の状況は常に変化しています。車両のコネクティビティを活用した新たなサービスは、全て新たな攻撃経路となりえます。それに加えて、攻撃者は既存の防御メカニズムを弱体化させ、抜け穴を見つけようとしています。このため、車両が出荷される時点で最先端であることを保証するだけでは不十分です。代わりに、車両の利用期間中、攻撃から保護されるように拡張する必要があります。当該車両に対し、そして必要に応じてフリート全体に対して適切な対策を速やかにかつ効果的に行うため、確実に攻撃を検知および分析しなければなりません。

updates
updates

迅速かつ効果的に攻撃を検知


ESCRYPTの侵入検知&防御ソリューションは、路上の車両をサイバー攻撃から確実に防御します。このソリューションは、ネットワークレベルの攻撃を未然に検知します。 このターンキーソリューションの中心に組み込まれているコンポーネント「CycurIDS」は、車載通信における異常の認識を、一部は既知の攻撃パターンに基づいて、一部は現在の通信と予想される通信動作との比較に基づいて行います。

この方法により、CycurIDSは、強力なリアルタイム検出を行い、車両の安全性が重視されるシステムに悪意ある通信が認識されずに到達するのを防ぎます。CycurIDSは、個々の車両のセキュリティイベントを監視します。CycurGUARDは、コネクテッドフリート全体からのデータを解析して新たな脅威の識別を可能にします。ESCRYPTは、ビッグデータ解析技術に基づく監視バックエンド製品を活用して、運転中の車両の異常レポートの収集と解析を行う統合型ソリューションを提供します。
updates

既知の攻撃パターンのデータベースは拡大し続けていますが、CycurGUARDは、この膨大なデータベースを参照し、重大な脅威を確実に識別します。一時的な、または既定のレポートを使用することで、コネクテッドフリートの安全性とセキュリティの評価、変化の識別、問題領域へのリソースの集中、新しい脅威の先読みが容易になります。

お客様の利点:

現在のE/Eアーキテクチャですぐに使用できる攻撃検知ソフトウェアソリューション

攻撃を瞬時に防御できるため、高コストとなるリコールを回避

車内のデータセキュリティに対する法定要件と規制要件に準拠

セキュリティ概念の開発の焦点を絞ることができるため、さらなる開発の効率をアップ

実際の攻撃を確実かつリアルタイムに識別

ワランティクレームを回避

市場にある各車両モデルのセキュリティの概要を把握

Language:
ISO 9001:2015 Home