• two men in operation center

    侵入検知/防御ソリューション

    UN-Regulation 155やISO/SAE 21434などの新しい規制や基準に従って車両のコネクティビティやオートメーション化を強化するには、OEMがライフサイクル全体にわたって車両のインシデントとリスクを監視する必要があります。ESCRYPTは、ネットワーク化された車両向けに侵入検知/防御ソリューション(IDPS)を構築、運営し、メーカーと車両管理者が継続的にセキュリティを向上できる仕組みを提供しています。この包括的なソリューションは、車両の永続的な監視を保証し、高まるセキュリティの脅威を特定し、専用のインシデント対応を確立し、ライフサイクル全体にわたってセキュリティレベルを安定させます。

車両の接続性が高まるにつれて新しい攻撃の経路が開かれるため、脅威の状況は常に変化します。攻撃者は既存の防御メカニズムを弱体化させ、抜け穴を見つける手法を絶えず作り出しています。このため、車両が生産ラインから出た時点で最先端のセキュリティを保証するだけでは不十分なのです。それよりも車両のライフサイクル全体を通じてセキュリティを拡張し、攻撃から保護する必要があります。そのため、セキュリティに対する脅威を確実に検知して分析し、問題の車両、また必要であればフリート全体に、適切な対策を即座に効果的に講じることができるソリューションが求められます。

updates