• セキュアな(リモート)診断

    セキュアな(リモート)診断

    プラントの状態監視や予測保守など、多くのインダストリー4.0のコンセプトには、設備や装置へのリモートアクセスが必要とされます。しかし、最新の車両診断であっても、整備士と車両との間の最適なコミュニケーションに頼っています。

ECUとの診断通信は、純粋なトラブルシューティング以外にも、機能の有効化または無効化、制御装置の再プログラミング(フラッシング)、オペレーティングソフトウェアの交換など他のタスクにも使用されます。したがって、テスト担当者とコントロールユニットとの間の通信を、権限のない人物やテスト機器による不正使用から保護することが重要です。

updates
updates

アクセス確保

ESCRYPTの安全な(遠隔)診断アクセスソリューションにより、許可された診断ハードウェアとソフトウェアを使用する場合にのみECUへのアクセスが可能になります。このソリューションは、組み込み機器の要求に合わせて厳密に調整された暗号鍵管理に基づいています。

 

テスト担当者が保護された診断インターフェースにアクセスするには、信頼できるアクセストークンが必要です。このトークンはCycurKEYS から要求する必要があります。このため、テスト担当者は (おそらくPKCS#11プロバイダーの助けを借りて) CycurKEYSへの認証接続を確立します。システムは、テスト担当者(またはそのユーザー)がアクセストークンを受け取るために必要な権限を持っているかどうかをチェックします。結果が肯定的であれば、CycurKEYS はアクセストークンを発行し、それをテスト担当者に送信します。テスト担当者がこのトークンをデバイス/ECUに提示すると、CycurLIB/HSMの助けを借りて検証され、アクセスが許可されます。

許可された診断アクセスのみが実行されるようにします。

テスト認証のための異なる鍵タイプ

エキスパートが設計した、リスクに見合った費用対効果の高い組み込みシステム向け鍵管理ソリューション

個人の権限管理が可能

柔軟性に富んだ個別統合と使い易さ

マネージドサービス - お客様に代わって運用!

セキュリティ認定のトレーニングとサポート

Language:
ISO 9001:2015 Home