• セキュアな機能の有効化

    セキュアな機能の有効化

    「ペイパーユース(従量課金)」や、後から販売される機能に追加料金の支払いを求める新しいビジネスモデルは、多くの業界で重要なトレンドとなっています。標準化されたハードウェアを使用しつつ、製品機能の差別化はソフトウェアを使用することで、製品コストを抑えることもできます。

したがって、機能の不正な使用のリスクが高まるにつれて、機能の信頼性の高いソフトウェアの有効化と無効化が重要な課題となります。影響を受けるビジネスモデルを保護するためには、不正な機能の使用を防止することが不可欠です。

updates
updates

統合ソリューション

ESCRYPTのソリューションは、機能の有効化プロセスを簡単かつ効果的に制御します。このソリューションは、組み込みデバイス上のセキュリティソフトウェアコンポーネントと完全に相互作用する高度な暗号鍵管理に基づいています。

 

機能を有効化するためのユーザー要求は、ESCRYPTのバックエンドソフトウェアによって安全なデータ接続を介して受信されます。 有効化が確認され、組み込みデバイスにリモートまたはオフラインで送信される前に、リアルタイムの認証チェックが実行されます。デバイス本体では、ライセンスコードはCycurLIBによって検証されます。

料金が支払われた機能だけが使用できるようにします

制御された機能の有効化による新しいビジネスモデル

ハードウェアのバリエーションを絞り、生産コストを削減

全ての必要なセキュリティ製品とサービスを一括して提供

エキスパートが設計した、リスクに見合った効果的かつ費用対効果の高い組み込みシステム向け鍵管理ソリューション

既存のソリューションへの柔軟性に富んだ個別の統合

ホリスティック(包括的)なサービス:セキュリティコンセプトの設計から、客先でのプロセスの実装、および必要なバックエンドのITシステムの運用まで

Language:
ISO 9001:2015 Home