• セキュアなファームウェア更新(OTA)

    セキュアなファームウェア更新(OTA)

    モバイル通信分野では、WLANまたはモバイルネットワークを介したスマートフォンのソフトウェア更新が一般的に行われています。自動車業界は今、リモート更新にメリットを見出しています。

updates 今日、自動車に搭載される電子制御装置(ECU)は車載ネットワーク(CAN、MOSTなど)を介して相互接続されており、その数は増え続けています。また、車載ソフトウェアの数や複雑さもますます増していきます。このため、自動車メーカーにとって、車両のライフサイクル全体を通じてソフトウェアを効率的に、そして何より、安全に管理することが不可欠です。この点で、自動車メーカーが遠隔のOTA(Over-The-Air)更新技術を選択する傾向が強まっています。

利点は明白です。

  • リコールやそれに関連する保証費用を解消
  • ソフトウェアアップデートを効率的かつコスト効率よく展開
  • アップデート対応時間を増加し、アップデート対応範囲を拡大(特に、重大なリコールやセキュリティパッチ向け)
  • すべてのソフトウェアアップデートの実行を完全に監査でき、信頼できるログを記録
updates

市場をリードするソフトウェア/ファームウェア管理ソリューション

自動車におけるセキュアなOTAソフトウェア管理は、市場をリードするソフトウェア管理システムと、ESCRYPTの鍵管理ソリューションであるセキュアなOTAソフトウェアアップデートを組み合わせたソリューションです。ヘッドユニット、テレマティクス、パワートレインコントローラーならびにCANバスを介して接続および更新される小型ECUソフトウェアの真正性、完全性およびIPを保護しながら、大型・小型のECUのOTA更新を効率的かつ安全に行うためのエンドツーエンドソリューションを提供します。

 

ESCRYPTは、ターンキーソリューションに必要なセキュリティコンポーネントを提供します。鍵管理ソリューションのセキュアなソフトウェアアップデートは、エンドツーエンドセキュリティおよび組み込みセキュリティに対応し、車載OEMの安全基準とポリシーに準拠しながらECUの全ての証明書と鍵を管理し、セキュアなOTA通信を管理し、ソフトウェア管理バックエンドサーバへのアップロード前またはアップロード中に署名を生成し、認証を検証します。

 

強力なパートナー

自動車メーカーとドライバーの両方によるOTA管理の採用を促すために、製品グレードのソリューションでは、アップデートの信頼性と効率に最も厳しい安全とセキュリティ基準を組み合わせる必要があります。これこそ、組み込みセキュリティ業界のリーダーであり、自動車セキュリティを専門とするESCRYPTが提供するソリューションと、SOTA/FOTA管理技術分野をリードする専門家や企業との連携で実現が期待できる分野です。

Language:
ISO 9001:2015 Home