安全な製品設計

製品開発の技術的および組織的側面を含む情報セキュリティの基礎。

製品開発の組織的および技術的側面に対応する基本的なITセキュリティトレーニング。このトレーニングでは標準的およびアジャイル開発プロセス、暗号、および基本的なITセキュリティ対策に重点が置かれています。

 

参加対象者
  • セキュアな製品設計に必要な一般的なセキュリティ原理、プロセスおよびツールに関して確実に理解する必要がある製品またはプロジェクトマネージャ
  • セキュリティ要件の分析と定義やセキュリティコンセプトの定義を担当する製品エンジニア
トレーニングの目標
  • セキュリティのさまざまな側面を理解する(理論と実践、課題など)
  • セキュリティの基礎を学習し理解する(基本用語など)
  • セキュアなソフトウェア開発ライフサイクルの確立方法を見つけ出す
  • 暗号ツール、アルゴリズム、およびプロトコルに関する基礎知識の確立
  • アクセス制御の重要な側面(認証および承認)を理解する
  • 主要なセキュリティ原理を適用する方法を学習する
  • セキュアなコーディングテクニックを理解する
必要条件
  • 数学および情報技術の基礎を技術的に理解している(エンジニアレベル)
内容
  • セキュリティの基礎
  • セキュアなソフトウェア開発のライフサイクル
  • 暗号ツール、アルゴリズム、およびプロトコル
  • 認証と承認
  • セキュリティ原則
  • セキュアなコーディング
期間
  • 2日
言語:
ISO 9001:2015