ISO/SAE 21434 – セキュリティエンジニアリングからマネジメントへ

UNECE R155を背景にしたライフサイクル全体でのISO/SAE 21434サイバーセキュリティマネジメント活動の概要について説明します。

ISO/SAE 21434の要件とUN規則155(UNECE WP.29)を背景にしたサイバーセキュリティマネジメント全体に重点を置いた高度なITセキュリティトレーニングを提供します。このトレーニングでは、リスクアセスメントなどテーマやコンセプトから開発/開発後までのさまざまなエンジニアリングの側面を取り扱います。
参加対象者
  • セキュリティマネージャ、製品マネージャまたはプロジェクトマネージャ。
  • システムエンジニア、ソフトウェアエンジニア、ハードウェアエンジニアまたは開発者。
トレーニングの目標
  • ISO/SAE 21434に準拠したセキュリティエンジニアリングの構成単位について学習します。
  • ISO/SAE 21434がUN規則155の要件を満たすのにどのように役立つかについて概要を把握します。
  • ISO/SAE 21434から製品セキュリティへのリスクベースのアプローチについて理解します。
  • 専用のケーススタディを通じてISO/SAE 21434 に関する私たちの直接的な専門知識から学びます。
  • コンセプト段階でセキュリティエンジニアリングに関する詳細(サイバーセキュリティ関連アセスメント、目標およびコンセプトを含む)を学習します。
  • 開発段階でのセキュリティエンジニアリング(サイバーセキュリティDIA、設計、実装およびV&Vを含む)の重要性について理解します。
  • 生産、運営、保守および廃棄におけるサイバーセキュリティに関する当社の知識を活用します。
必要条件
  • 自動車システムの基礎を技術的に理解している(エンジニアレベル)
内容
  • セキュリティエンジニアリングの概要
  • ガバナンスとエコシステム
  • リスク管理
  • コンセプトおよび開発
  • 生産および運営
期間
  • 2日
言語:
ISO 9001:2015