自動車セキュリティ

最新の自動車システムにおけるハードウェアおよびソフトウェアのベストプラクティスを含む自動車セキュリティに関する全体的な視点

自動運転車に対する期待ほど、自動車業界を大きく動かすものはそうありません。快適性、利便性、安全性の面で大きなメリットがあると考える人もいれば、自動車の自律性やハッカーによる車両への攻撃を懸念する人もいます。しかし、自動車の効果的な組み込みセキュリティに対するニーズは自動運転車が出現する前から高まっていました。今日の車両は、走行距離計の不正操作、車両エレクトロニクスへの望ましくないアクセスやその他の数多くの脅威からの保護を既に必要としています。
このセキュリティトレーニングでは、自動車産業固有のITセキュリティに関する知識を提供します。そのために当社はセキュアなECU設計からセキュアなオンボードネットワーキングやセキュアなコネクテッドカーへとつながる全体論的なアプローチを取っています。応用問題と例がここで議論される内容を補足します。
参加対象者
  • セキュアなECU設計、オンボードネットワークまたはコネクテッドカーサービスのための自動車セキュリティの原理に関して確実に理解する必要がある製品マネージャまたはプロジェクトマネージャ
  • セキュリティ要件の分析と定義やセキュリティコンセプトの定義を担当する自動車製品エンジニア
トレーニングの目標
  • 自動車セキュリティの最近の状況を理解する
  • 自動車セキュリティに関する全体的な視点を見つけ出す
  • セキュアなECUを開発するための課題と可能性を理解する
  • セキュアなネットワーキングの課題と可能性を理解する
  • セキュアなコネクテッドカーの課題と可能性を理解する
  • 学習セクションの理論を現実世界のユースケースに適用する方法を学習する
  • 最も重要な自動車セキュリティ規格について学習する
必要条件
  • 自動車システムの基礎を技術的に理解している(エンジニアレベル)
  • 暗号およびITセキュリティの基礎を技術的に理解している(セキュアな製品設計またはそれと同等の知識)
内容
  • 自動車セキュリティの概要
  • ホリスティックな自動車セキュリティ
  • セキュアなECU設計
  • セキュアなオンボードネットワーキング
  • セキュアなコネクテッドカー
  • 自動車セキュリティ規格
期間
  • 2日
言語:
ISO 9001:2015